×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

   
 
 
  はじめに
  タロットについて
  占い横丁

 ハッピーコラム
  ワンオラクル占い
  おまじない&風水
  パワースポット
 
  メールフォーム
  リンク
  TOP
 

 注意警報、占い依存!
 
 何に対しても『依存』はいい傾向ではありませんが、
 占い依存にはとくに注意が必要だと思います。
 やはり問題提起は早めにしようと思ったので、キワドイ内容ですが、
 今のうちに私の考える『占い依存』というものについて語っちゃいます。

 まず『占い好き=占い依存』だと思っているなら、それは間違いだと思います。
 占いが好きでテレビや雑誌の占いを見たり、それを信じたり、多数の先生に
 占ってもらったり・・・ということは、基本的に悪いことではないと思います。
 物事に興味シンシン、けっこうなことじゃないですか♪

 じゃあ、『占い依存』とはどういうものか? 何がいけないのか?
 について語らせていただきます。

 私は今まで『占い依存』の人たちをみてきて、とある共通事項に
 気が付きました。

 それは「正直、占い結果はどうでもいい!」ということです。

 良い結果がでること、悪い結果がでることは、占い依存の方にはあまり
 関係ない(関心もない)んですね。

 例を出しましょう。
 たとえばとある女性が、もうぅ~~結婚したくて結婚したくて仕方がない!
 とします。
 毎日結婚のことばかり考えていたので、頭のなかでケコーンケコーンと声が
 するようになってしまいました!!
 とはいえ実際は出会いもなく、おまけに婚活もしていません。
 楽しみといえば、日々の晩酌だけ!!(←ちょ、設定!笑)
 なので、出会いがあるか、結婚できるか、占うことにしました。

 結果は・・・「良いご縁があって、結婚できるでしょう!」
 わーお! 女性は大喜び。
 でも翌日、気が付きました。今日は出会いなんてなかったってことに!
 その晩もむなしく一人酒(カララン)
 なのでまた占うことにしました。

 結果は・・・「しばらく出会いはないでしょう」
 ガーン! 大ショック!
 翌日、そんなばかなって思いました。頭の中ではケコーンケコーンと声がするので、
 早くも出会いが欲しくて仕方なくなりました。
 なので、また占うことに思案した。

 結果は・・・「良いご縁があって、結婚できるでしょう!」
 わー! って思いました。
 でも待てよ、前もあるって言われたけど、なかったじゃん!?
 良いご縁はいつあるの? 近いうちにあるの?
 私は今日にでも出会いと進展が欲しいのに!!
 なので、また占いました・・・。

 という、この “負の無限ループ” が『占い依存』だ、と私は思っています。

 つまり依存症の方たちは、占い結果ではなくて、「現状の満足」を
 求めているんじゃないでしょうか?
 極端な話、「あなた、明日運命の人に出会いますよ!」と言われて、
 本当にその通りになれば、初めてひとつ満足できるのだと思います。

 心理学用語に「意識の流れ」という言葉があるのですが、ご存知でしょうか?
 「実例・心理学事典」を参考にすると、
 「人の意識と言うのはたえず川のように流れ、(ひとつひとつの行動が)
 お互いに続いている。それらは、継ぎ目のない全体をしている」
 とあり、実例に
 「人は起き、顔を洗い、衣服を着替え、朝食を食べ、バスにのって職場に行き、 仕事仲間に挨拶し、机に座り、電話のベルで受話器をとる
 (省略)それらは連続的に経験される」
 と書かれています。

 なにが言いたいかと言いますと、意識は1日のあいだ絶えず流れ続けている
 わけですから、自分の欲求を満たしたいという願望があれば、
 ひたすらその事を考え続けることができるわけです。

 そこで人は、その願望を達成するためにどうすればいいか、と考えます。

 たとえば、
 『ある少年が、サッカー選手になりたいと毎日考えていました。
 そこで少年は、親に頼んでサッカークラブに入りました。
 そこで自分は、このチームを必ず全国大会優勝に導ける選手になろうと
 日々練習にはげみました』

 こういう流れだったら、聞き手はものすごく受け取りやすいし、
 頑張れ!絶対全国いけよ!って応援したくなりますよね?

 ところが、こうだったらどうでしょう?
 『ある少年が、サッカー選手になりたいと毎日考えていました。
 そこで少年は、占いをしてみました。
 占いでは、サッカー選手になれると言われました。やったー!
 と思いましたが、翌日もサッカー選手にはなっていませんでした。
 なので、また占いました。
 今度はなれない、と言われました。がーん!
 少年は、そんな未来は受け入れたくありませんでした。
 だからまた占いました・・・』

 こんな子を見たら、
 「こら少年! まずは占いの時間を練習にあてるがよしっ ヾ(゚д゚)ノ゛」
 。。。と、たいていの方は思うんじゃないでしょうか?^^;

 つまり私の考える『占い依存』とは、後者の例のように、
 「自分の手は一切動かさず、占い結果から願望達成したい、満足したい」
 という状態ではないかと考えています。

 だから、たとえ良いことを言われても、悪いことを言われても満足できなくて
 「同じ質問を難度も繰り返してしまう」んですよね。
 これは大きな落とし穴だと思うんです。

 一番はじめの話に戻るんですが、
 「占い好き」はよくて「なぜ占い依存はだめなのか」と言いますと、
 占い依存になると、占いに頼りすぎて、自分でかんがえることをやめてしまう、
 自分から行動することをやめてしまう、自分の感覚がマヒしてしまうから、
 だと結論付けます。

 余談ですが、風水にハマりすぎた人が、
 「スーパーに買い物にいくにも方位が気になって仕方がない!
 凶方位のスーパーには行けない!」
 ・・・とか実際にあったらしいです。
 これは非常に危険な考えです、風水師がコメントされていましたが 。。。
 ここまでハマってしまうと、その考えは危険だから、という理由だけでは
 やめられなくなってしまうのかもしれませんね (>_<。)

 何度も語ってきましたが、占いは本当にあくまでアドバイス!
 そのアドバイスを受けて、自分の心が感じたままに動いた『本人』が、
 幸せな未来を呼び込むんです。
 占い自体は、幸せを呼んだりしませんよっ!(って断言してもイイノカシラ?)

 最後になりますが、まずは「占いをしたことで願望を達成するためのヒントが
 与えられた」と考え、ぜひ前者のサッカー少年のように『自分』という
 最大の味方の力で願いを叶えて欲しいな♪
 と思い、あえて批判を浴びそうな記事を書いてみました。
 あなたの占いライフが、ぜひ素晴らしいものでありますように♪

 うぉあ~、ものすごい長文になっちゃったい!Σ( ̄□ ̄;)

 
TOP